糖尿病|岡田クリニック-津島市内科・循環器科

岡田クリニック

0567-97-3329

診療時間
午前 9:00〜12:00/午後 4:00~7:00
休診日
水曜日午後、土曜日午後、日曜日、祝日
24時間Web予約

糖尿病

糖尿病

糖尿病と

食後などに上昇する血糖値をコントロールする「インスリン」というホルモンがいくつかの原因によって不足し、血糖値が高くなってしまう病気です。血糖値が高くなると、体の細胞がブドウ糖を取りこめなくなり、筋肉や内臓がエネルギー不足により上手く機能しなくなります。
糖尿病は、大きく次の3つに分けられます。

 

糖尿病の種類

1型糖尿病

膵臓のインスリンを作る細胞が壊れ、体内のインスリン量が足りなくなることが原因です。幼少時から発症することが多くなっています。以前は、小児糖尿病と呼ばれていました。

 

2型糖尿病

インスリンの量が少なくなる、またはインスリンの働きが悪くなることで、細胞がブドウ糖を取り入れにくくなることが原因です。乱れた生活習慣によって引き起こされることがほとんどです。日本人の糖尿病患者の9割以上が、2型糖尿病です。

 

遺伝子の異常や他の病気が原因となる糖尿病

遺伝子異常、肝臓や膵臓の病気などが原因となって引き起こされる糖尿病です。摂取した薬剤が原因である場合もあります。

 

糖尿病の影響

筋肉や内臓がうまく機能しないと、全身に悪影響を及ぼし、合併症を引き起こします。

糖尿病には、糖尿病特有の合併症が存在します。

ここでは、その中から三大合併症を紹介します。

いずれも、血糖のコントロールができなくなってから10~15年ほどで現れる病気です。

 

糖尿病神経障害

比較的早期に現れる合併症です。手足の末梢神経障害で、手や足のしびれ、感覚の麻痺などを引き起こします。
そのほか、筋肉萎縮、胃腸の不調、めまい、発汗異常、インポテンツなどの自律神経障害の症状にもつながります。

 

糖尿病網膜症

目の網膜内の血管に障害を起こし、視力の低下が進みます。失明する場合もある、大変恐ろしい病気です。

白内障を起こす人も多いといわれています。

 

糖尿病腎症

腎臓の毛細血管に障害を引き起こし、尿を作る機能が衰えます。排尿できなくなると、週に2~3回、病院に通って人工透析を受けなければなりません。
人工透析とは、機械によって人工的に血液をろ過する方法です。1回の人工透析につき数時間かかり、日常生活に大きな影響を及ぼします。人工透析を受けている人の多くが、「糖尿病腎症」を発症しています。

 

糖尿病の治療と予防

その患者さまの活動量に合わせたバランスの良い食事と、

適度な運動を継続して行っていただきます。これらを実行できれば、自然と睡眠の質も向上します。

タバコやアルコールを控えていただくことも、血糖値を下げるのに大切な役割を果たします。

それでも効果が現れない場合、または目標血糖値を達成できない場合は、インスリン注射などの薬物療法を並行して行います。

食習慣、運動習慣を、ある日突然変えることは想像以上に大変で苦しいものです。

生活習慣病の治療は、続けることが何よりも規則正しい生活や日頃の運動、食生活を見直すことが何より大切です。